スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

長野ノード2009

2009年03月10日 01:31

3月7日に長野ノード大会が開催されました。

CIMG1810.jpg


長野ノード大会は今年で2年目となります。
自分は大会の実行委員長を務めました。
何事もなく終わってなにより。


長野ノードは、「ノード出てないチームはブロックに出せないよ」ということで開催されるようになったのですが、ブロックの前に公式大会があるのは結構メリットがあります。
まずは、だらけがちな高専生に締め切りを提示することで、それまでにロボを完成させられること。
次に、試合を経験させることで得るものがあるということ。
ロボットの個々の要素がいくら完璧でも、ロボット全体として、または相手チームと一緒に試合をするとうまく動かない、なんてことがざらにあります。
創発的行動というやつ。
授業が役に立たなかったり、ロボコンが勝てなかったりするのはこの辺を理解していないからだと思われます。
制作者がロボットの「」をつかんでいないと思い通りのものが作れません。
現役ロボカッパーに伝えたいのはこのことですね。
毎年言っていますけれど。

あとは、今年はノード参加者は全員ブロック出場となりましたが、ノード大会はブロック大会出場者の選抜を行います。
来年度からは高専外からも参加者を募るとのことですが、上に行くのはロボ部だけな気がする・・・。


大会前には、簡単にですが審判の講習を行いました。
ルールは把握しているものとして、重視したのは「ボールの移動
ボールを中立点へ移動させるとき、状況を俯瞰で把握できる審判が試合を操作することを防ぐためにガイドラインを設けました。
ロボットが突進してくる、そのすぐ前にボールを入れたりしたら、それは試合を操作していると言われても仕方ありません。

ガイドライン
1)ボールを取り出したらスイッチを切る
2)全てのロボットがボールを探す動作に落ち着くのを待つ
3)ボールを中立点に置き、スイッチを入れる
東海地区でロボカップを指導しているy先生のやり方を取り入れたものです。



さて、運営と言っても自分は試合中には仕事がないので主審をしていました。
今年は例年よりレベルの高い試合が見られて、審判としても楽しかった。
主審の仕事がカウントと故障を取るだけとか、そんな試合はいやです。

最初の2試合くらいはさすがにどこも動いていなかったけれど、その後改良したのか、なかなかよく動いていました。
長野ノードではボールを角から出したり、方位を見て自殺点を防いだりという動きはありませんでしたが、ボールを良く見ていた。
CIMG1831.jpg

ボールが見えないときに即地回転して探す、その回転が凄まじく速い。
更にその状態から、コートの端のボールを見つけることができるのはなかなかすごい。
でも、最も良くボールを見つけていたロボットは、敵味方の識別がなってなかったので、両方のゴールにまんべんなくシュートして負けていました。

ロボットの様子は以下から。


CIMG1791.jpg
同じチームで押し合いへし合い。
たまに、守る側と攻める側が逆転していたり。
白い方がチーム"理路整然"、もとい、"Roriseizen"。
得点しまくっているからてっきり勝っているものだと思っていたら、半分は自殺点だった。おしい!


CIMG1800.jpg
全試合、ちゃんと記録しました。


CIMG1826.jpg
チームごとに特徴が出ていて、見ているだけで面白い。
上に向かってアルミの"脚"が生えているのは、来るブロック大会でゴール内に入らないための工夫。
長野ノードでは、コートが2009年度のルールに対応していないこともあって、2008年度ルールをベースに行いました。


CIMG1815.jpg
優勝した未定cのマシン。(cはコピーライトのマルc)
左右非対称な角が特徴的。
最初の試合では、つんのめるような、三次元的な動きを披露していた。
側面の覆いがないこともあり、非常に薄く見えるロボット。


CIMG1831.jpg
中央にいるのが、技術賞を受賞したTAKEMOのマシン。
ガンローラーのオムニを縦に置いてロボットの面積を大幅に削減したこと、ロボットが2台ともにサッカーしていたこと、見た目がシンプルで美しいことなどを評価しました。


CIMG1774.jpg
TAKEMOの中身と、最近寮の自販機にはいったMAXCOFEE。
関東圏へ出向かなくても飲めるようになるとは・・・。


CIMG1832.jpg
TAKEMOのもう1台。
ステンの触覚がかっこいい。
サレジオのようにパイプベンダーか・・と思ったが手で曲げたらしい。
22cm以内、14cm以上だったら、確かに"小さく高く"もアリだ。



6割方のロボットが、大会中に動くようになっていました。
動かせなかった方は北信越までに頑張って作ってください。

今年もNaganoismに期待できそうで何よりです。
スポンサーサイト


コメント

  1. turtle | URL | -

    Re: 長野ノード2009

    よくできたロボットたちですねぇ~。
    北信越大会がますます楽しみになってきましたよ

  2. ひねくれロボット | URL | -

    Re: 長野ノード2009

    よくできてますよー。
    今回も勝ちますねこれは。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://actiasartemisaliena.blog6.fc2.com/tb.php/65-8b664feb
この記事へのトラックバック


最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。