スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バイオモーフィックアート

2009年02月19日 21:51

CIMG1623.jpg
アート。異論は認めない。

これも去年の文化祭に展示したもの。
LEDがちかちかして奇麗。
一般人には美しさで、理工学系のオタク・・・もとい技術者には技能で感心されるという活躍ぶり。
OBの人とも話せて楽しかった。

無安定マルチバイブレータを奇数個接続してあるので、論理の矛盾を互いに押し付け合って点滅する。
ただ、電源投入時は全部点灯する安定系に落ち着いているのでいちいち崩してやらないといけない。


電源はau携帯の充電器を使用。
CIMG1629.jpg

コーヒー缶の中はこうなっている。
CIMG1630.jpg
回路は全て花の部分に載っているので、電源供給のみに徹している。
おかげで配線も減ってうまうま。

余談ですが空き缶の切断をするなら夜中は避けましょう。

CIMG1634.jpg
厚さは10mmを超えない。隙間もない。
もちろん基板など使わない。
これぞ超立体配線の真髄である。
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://actiasartemisaliena.blog6.fc2.com/tb.php/53-e385322d
    この記事へのトラックバック


    最新記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。