スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オーストラリア

2009年01月25日 20:09

今まで使っていたwindowsPCのHDDを整理していたら、オーストラリアへ旅行に行ったときの写真が出てきた。
今年のロボカップ世界大会はオーストリア。 

002_2.jpg
ウルル・カタジュタ。Uluru - Kata Tjuta
アボリジニの言葉だ。ウルルの方はエアーズロックとして知られている。
この写真はカタジュタの方。
宮崎駿が王蟲のモデルにしたと言われている岩山があって、確かに王蟲というか、三葉虫というか、そんな形をしていた。

ウルルはアボリジニの都合(宗教的なもの?)や、その日の天候によって登れたり登れなかったりするのだが、自分が行ったときは幸運にも登ることができた。

この辺りは大陸の中央部で一面砂漠。
砂漠と言ってもサボテンとも草木とも違う見た目の植物が地面にへばりつくように生えている。
気温は40度くらいあっただろうか。
湿度がないので汗はすぐ乾いてしまったが、ハエの小さいのがたくさんいて閉口した。


003_20090125200439.jpg
ケアンズから近くの熱帯雨林へ行った。
同じ国の中にここまで異なる環境があるのか。
さらに驚いたのは、熱帯雨林の中に見慣れた植物、というか竹が生えていたこと。
尋ねてみると、「中国人が入植したときに持ち込んだのが野生化したんだよ」とのこと。そうですか。

観光者向けに説明がされているのは、ほ乳類や鳥類が主で、は虫類や昆虫類があまり見られなかったのが残念。
密壷蟻とか海蛇の類とか見てみたかった。
ストロマトライトもオーストラリアだったな。

001_20090125200349.jpg
また行く機会があったら、固有の生物を生で見てみたい。
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://actiasartemisaliena.blog6.fc2.com/tb.php/36-51d69a1f
    この記事へのトラックバック


    最新記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。