スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ダンスが嫌いなわけ

2009年01月20日 22:07

自分はロボカップにはサッカーしか出場したことがない。
ジュニアリーグには他に、レスキュー部門とダンス部門があるのだが、出ようと思ったことはない。
自分のロボット観につながっている気がするので理由を書く。


ダンス部門。
最近はロボカップに限らず、二足歩行ロボットの発展によってダンスロボットが増えている。
音楽に合わせて踊ったり、楽器を演奏したり、ダンスではないが自転車に乗るロボットもある。
初見では、「ロボットにこんなことができるのか」と驚いたが、何度も見ようとは思わない。
なぜか?それは、代わり映えがしないこと、それから、ロボットにとってできて当然のことをやらせているにすぎないからだ。
音楽と同期して動くこと、振り付けをプログラム通りにこなすこと。
ムラタセイサク君なんて、脚は飾りで胸にジャイロを仕込んである。
地球独楽じゃないか。そりゃ倒れないよ。

ロボカップジュニアのダンス部門も同じ。
音楽通りに動かしたいなら、そのようなプログラムを組めばいい。
結果、どのチームも踊りの内容が異なるだけでぱっとしない。

思うに、ダンスダンスと言うが、"ロボット競技の" ダンス部門である。
ロボットは、プログラムされた動作しか行えず、しかし時間通りに動くことについては非常に強い。
ならば、その強みを活かしたダンスを作れば良いのである。
人間の真似だけが能ではない。
幸い、ダンス部門の環境は他の競技に比べて整っている。
自分の思い通りのステージを構築することができるだろう。

一瞬しか見ていないが、去年の全国大会のダンス部門で、影絵を踊らせているチームがあった。 
人間には到底できないがロボットを使えばそれほど難しくはない。
単純ですばらしいアイデアだと思った。
柔軟な発想をして、ロボット競技とは何なのかをよく考えて試合に臨んでほしいと思う。
なんといっても、人間に勝るロボットが生まれる、ちょうどそのときの研究の主役なのだから。
スポンサーサイト


コメント

  1. M&Y父 | URL | a2H6GHBU

    Re: ダンスが嫌いなわけ

    4号機の記事ありがとうございます。
    ところで、ダンスですが・・・世界大会のダンスを見ると、ロボット自体が巨大化してきていますね。 また、2本足ロボット(ヒューマノイドって言うのでしょうか)にブレイクダンスなどをやらせるのが増えてきているように思います。
    センサーなど全く使わずに、単にタイマー制御で決まった動きをさせる・・・それって中の国のレスキューチームじゃないですか。(すみません、内輪ネタでした。)

  2. vr | URL | -

    Re: ダンスが嫌いなわけ

    自分は、ダンスに限ってはべつにタイマー使おうが何しようが構わないと思います。
    だって芸術ですから。外界と隔絶していても問題ありません。
    ただ、安直に人間の真似をする、というのはしてほしくない。
    見ていて面白くないし、それに、ダンスというのは人間が踊るからこそ美しいと思うのです。

    "ロボットの"ダンスというジャンルを確立させてほしいと思っています。

  3. M&Y 母 | URL | -

    Re: ダンスが嫌いなわけ

    >一瞬しか見ていないが、去年の全国大会のダンス部門で、影絵を踊らせているチームがあった。 

    中国チームのですね。
    舞台装置が大きすぎてフィールドに入らず、リーモートコントロールが発覚して・・・・
    直前に色々変更した大変なチームでした。
    問題はありましたが、アイディアは素晴らしいと思います。

    個人的には観客と一体となるチームが好き!

  4. vr | URL | -

    Re: ダンスが嫌いなわけ

    M&Y母様こんにちは

    影絵のチーム,リモコンだったんですか・・・
    自動化した方が楽(そういう以前の問題だけど)だと思いますがそうですか。
    さすが中国。
    お国柄ですかね。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://actiasartemisaliena.blog6.fc2.com/tb.php/29-4bf73d03
この記事へのトラックバック


最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。