スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

iPadのアプリが作れる、ということ

2010年05月09日 22:05

アプリケーションの開発ができるということは、単に仕事で使えるというだけではなくて、あるタスクをこなすアプリが欲しければ自分で作ってしまうことができます。
そして、Xcode + Objective-Cはそれをしやすい環境だと思います。


例えばこれは、Fallout3というゲームのwikiをオフラインで眺められたらいいなーと思って作ったものです。
中央のVaultWikiがそう。
IMG_0196.png



wikiをまるごと保存して、iPadのプロジェクトリソースに入れたら動いてしまった。
ファイル数が6000くらいあったのでビルドに時間がかかりましたが・・・
IMG_0197.png



なんだか申し訳ないくらいに簡単でした。
IMG_0198.png


Obj-Cを使っているとこういうことがよくあって、タスクを実行するクラス名さえわかれば開発環境付属のデベロッパドキュメントで使い方が分かります。
さらに、メソッドの使い方が分からない/なんかおかしい、ということがあれば、何も考えずにGoogleで検索すると回答が載っているのです。
Objective-Cで使われるメソッドや関数は命名法が特殊で、『UIGraphicsContextGetCurrentContext()』などという名前なので、意図しない結果はヒットしません。

Obj-Cをマスターするというのは、言語そのものを学習するのではなくてプロジェクトの作りかたをマスターするということなのかな、と思います。
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://actiasartemisaliena.blog6.fc2.com/tb.php/206-985a915a
    この記事へのトラックバック


    最新記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。