スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

LifeGame その2 軽量級宇宙船

2010年02月09日 23:08

いまのところ初期配置は完全にランダムなのですが・・

Screen shot 2010-02-08 at 13.57.210
軽量級宇宙船ができていました!
(この前の記事の"戦艦"とか書いてあるのは宇宙船の間違いです。検索しても出てこないわけだよ・・)
メジャーなパターンなのでwikipediaの項目でも押さえてありました。
『軽量級では出現頻度はブロックの1000分の1以下』
らしい。確かにまだ2回くらいしか見てません。
外洋に漕ぎ出す前に、そこらのゴミパターンに衝突して消えてしまうものもたくさんあっただろうと思われます。



プログラム自体は、Start/PauseボタンとRestartボタン、初期の生きてるセルの割合を指定するスライダ、現在の生きてるセル数と創世からのフレーム数を表示するラベルを配置しました。

そしてalive_cell_rateを99%くらいにするとこうなる
Screen shot 2010-02-09 at 23.07.01

きれいな上下対称形です。

創世はこんなん
Screen shot 2010-02-09 at 23.28.57

で、このLifeGameのルールでは、周囲に生きてるセルが多すぎると生存できないので、境界の部分のセルのみが生き残って対称なパターンが生まれるのです。



さて、今はBitmapImageRepのメモリを直接参照して書き換えているのですがこれだと芸がないので、CoreGraphicsなぞをいじっています(そして詰まってます・・
LifeGameのパターンも、既存のものをライブラリ化して呼び出せたら面白いだろうからそれもやりたいです。
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://actiasartemisaliena.blog6.fc2.com/tb.php/198-ea39318a
    この記事へのトラックバック


    最新記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。