スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

百足製作記 3日目

2009年12月16日 20:33

頭部と第一節ができました。

CIMG3468.jpg

主な材料はアクリルと真鍮、銅です。
真鍮の角棒が竜骨のように全体を支えています。

脚は、第一対のみ進行方向に仰角がついています。
脚は胴体との接続部分で回転するようになっていて、仰角によって、脚をまえに振り出したときに上へ持ち上がって障害物を乗り越えることができます。
さらに、水平面に置かれているときは胴体との直角を保つこともできます。
このことは組み立ててから気がついたのですが、第二対の脚は水平に勝手に回転してしまい、直進性を保つためにばねを入れなければいけないのですが、第一対にはいらないかもしれません。

後半のボディを作る前に、まずは回路を載せて試走までもっていきたいところです。



『よくあるサーボの塊とちがって、部品同士が有機的なつながりみたいなものを持っているのがいいところだな』

友人の言葉です。励みになります/
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://actiasartemisaliena.blog6.fc2.com/tb.php/175-135cb562
    この記事へのトラックバック


    最新記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。