スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第2回ニコニコ技術部東海勉強会

2009年10月12日 02:48

展示してきました。


CIMG3312.jpg
こんな感じ。

隣のブースの人が、技科大 情報系の4年生で驚いたり。
技術部とかいないと思っていた・・・と言ったら、その人も同じようなことを思っていたみたいです。
9割高専生なのになんででしょうね?



まあそれはそれとして、展示ブースでおもしろかった作品の紹介など。

CIMG3287.jpg
SOMESATプロジェクト応援キャラメル、100個あるそうです。
たこルカチョコなんかもありました。


CIMG3294.jpg
はちゅねバーサライター
これはなかなかすごいと思います。
作者さんがUEW線の使い手で、バーサライターの場合は、ネギの裏にUEW線で配線 + チップLEDで実現していました。

それから、こんなものも置いてありました。

CIMG3315.jpg
この発想はなかった。
.5mmピッチのコネクタを持ってない(それはそうだ)ので、UEW線で配線、断線が怖いので、コネクタ固定用の電極に熱収縮チューブを巻いた針金をハンダ付けして固定。
配線部分のUEW線はホットボンドで固めたそうです。


CIMG3288.jpg
これはネオン管的な何か。
アルゴンガスが封入してある中に、0から9の数字の形をした金属板が入っていて、電圧を加えるとその板の形に光る、そのネタで引っ張るのもそろそろ限界なので湿度計にしてみたそうです。



プレゼンの時間もありました。勉強になります。

発表者はみなさんプレゼンが上手なのですが、中でも「フリスクP」さんのプレゼンがおもしろかった。
『初心者向け:ニコ技的アイデア発想のヒント講座』ということなのですが、一問一答形式というか、あるスライドで「これはどう実現すればいいのか?」という問いを投げかけて、その問いの答を次のスライドのタイトルに持ってくる感じでした。
内容もまたおもしろいもので、「似てるけど、本質の異なるものを使う」とか、「全く関係ないものを別の用途に使う」とか、確かにネタ的動画の要素を的確に挙げていると思いました。

これはプチトマトを使った分子模型。
安いし食べられるので経済的!
CIMG3304.jpg

プレゼン後、
見学者「ネタを作るには、常識を捨てることが重要だが、常識人から引かれるのではないか、対策などはどうしているのか教えてほしい」
フリスクP「痛い目で見られていますw 対策はないです」
などのやりとりがあったり。


そして、『あの楽器プロジェクトのここまでの流れと展望』。
「あの楽器」の誕生秘話からミーティングの様子まで、詳しく説明されていました。

CIMG3309.jpg

技術的には、巨大なタッチパネルをどう調達するかとか、楽器として製作するためにはどうすれば良いか。
それから、SOMESATもそうなのですが、ニコニコ技術部という、同好会よりもゆるい集まりでどうやってプロジェクトを進めていくか、というところに焦点が当たっていました。

これからどうなるのか、楽しみです。




一日を振り返って、気づいたことは、「人に会うということは、勉強になる」ということ。

実物を見ると、動画ではわからない、人それぞれの工夫があって楽しいです。

展示する側でも、見学者に紹介するときに逆にアドバイスをもらえることもありました。
揚羽蝶についてがいちばん多くて、
・輪ゴムではなく、ゴムチューブのようなものをねじって動力にしたらどうか
・翅の部分は、ラップよりももっと軽い材料が、模型飛行機に使われているのでそれを試してみたらどうか
などというアドバイスを受けました。
ふと思いついて作り始めたものなので、なんの勉強もせず、模型飛行機と同じジャンル(ゴム動力、軽量)などとは思いつきもしませんでした。
なかなかいい刺激になったので、6号機だったかな、製作途中の新型を完成させて、さらに改良していきたいと思います。


それから、技術部にはSFファンが多いらしく、そのテの話でかなり盛り上がりました。
野尻抱介先生、(HN:尻P)も来ていて、衛星追尾アンテナを披露していました。



今日の収穫~
CIMG3326.jpg

無料配布のキャラメル、チョコと、DVDにはSOMESATの超電磁Pさんがはちゅねロケットを打ち上げた様子がHDで入っています。
青い基板は、中国の某社に発注した基板の不良品とのことです。無料。
下敷きになっている、「日本SF大会」のチラシは、SFファンの方に頂いたものです。
なんでも、土曜日に京都で開催されたイベントの帰りに名古屋に寄ったとのこと。
テッド・チャン、小川一水、伊藤計劃など、メジャーな作家が来るようなイベントに軒並み参加しているそうです。うらやましい・・・。



趣味が少数派(要するにオタク)なので、同業者の集まるイベントには積極的に参加したいと思っています。
主催、幹事の方、ありがとうございました。
展示、発表の方、お疲れさまでした。
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://actiasartemisaliena.blog6.fc2.com/tb.php/163-1a6cdc55
    この記事へのトラックバック


    最新記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。