スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人工生命が生まれました 26日目 群れ

2009年09月24日 01:50

今まで、"群れ"という概念はありましたが、それはただひとつのルール「同族に近づけ」に従っているのみでした。
このルールを持った個体が複数集まると、ある一点に固まって群れを形成し、動かなくなってしまいます。

こんなの群れじゃない!ということで、魚や鳥の群れについて調べてみました。
頑張れ森川くんの遺伝子くんが分かりやすかった。

以下引用。

◆ルール1:近くの鳥たちと
      飛ぶスピードや方向を合わせようとすること
◆ルール2:鳥たちが多くいる方へ向かって飛ぶこと
◆ルール3:近くの鳥や物体に近づきすぎたら、
      ぶつからないように離れること


鳥の群れの三原則と呼ぶことにしましょう。

これを私の人工生命に当てはめると、ルール2のみに従っているので、寄り集まって身動きが取れなくなってしまったのだと考えられます。
全てのルールを書き直すと、こうなります。

人工生命の群れ形成の三原則
第一原則:最も近い同族と移動速度,方向を合わせる
第二原則:同族が近くにいない場合、探して近づく
第三原則:最も近い同族とある程度距離をおく
 
ルール2はどうやら、群れの重心を算出して移動方向を決定すると言っているようですが、現状では無理なので近づくだけにしました。


三原則を実装したところです。
集中して群れを作ってもらいたいので、天敵と餌は排除、そして不死化してもらいました。

スクリーンショット(2009-09-24 1.23.05)

創世、ランダムに配置されていたものが・・・

スクリーンショット(2009-09-24 1.22.44)

群れをつくり始めました。
静止画だと分かりませんが、動いています。
群れが合体したり、分裂したりしながらうろうろしているのは、今までは見られなかった光景です。
また何かの要因で、群れ全体が向きを変えたりします。すごい。

Part2はこれで決まりですね。
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://actiasartemisaliena.blog6.fc2.com/tb.php/153-917ca56b
    この記事へのトラックバック


    最新記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。