スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

天冥の標 を 読み終えた!

2009年09月20日 20:39

2010年代のSFはここから始まる!


CIMG3067.jpg

まさに、それを予感させる作品でした。
十巻計画の超長編・・・だそうです → 小川遊水池@blog


かなり伏線が張られていて、続編が楽しみでなりません。
植民地は結局"何"なのか?
人工の構造物なのか?惑星上にあるのか?どこにあるのか?

それから地下の巨大空間、NERV本部なんかもそうですが、ロマンですねぇ。



CIMG3073.jpg

疫病はお話のきっかけではなく、物語の核たるもののようです。
来春が楽しみです。
スポンサーサイト


コメント

  1. Tet1(Orv_41) | URL | ZMUMkWGc

    こんばんは。

    twitterでは小川一水話をありがとうございます。
    拙ブログからTBを送らせていただきたかったのですが、はてなからだと何故か失敗するのでコメントを残させていただきました。

    天冥の標ですが、とにかくスピード感があって、面白いですね。
    複線が1巻にも関わらず早くも沢山張られている、謎が多い、というのは特筆すべき点で「植民地」が実はそうではないのでは?という部分ではなんとなく、エヴァとかエウレカセブンにも通じるものがあるような気もします。

    1巻なのでまだまだ謎めいた部分は多いですが、じっくり追いかけていきたいな~、と思います。

  2. ひねくれロボット | URL | -

    Re: 天冥の標 を 読み終えた!

    エウレカはわかりませんが、私はFallout3や神林長平「あなたの魂に安らぎあれ」などを思い浮かべました。
    物語の土台をみごとにひっくり返してくれましたね~

    これだけの長編、5カ年計画でしょうか?
    ずっと追いかけていきたいです。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://actiasartemisaliena.blog6.fc2.com/tb.php/147-875c8644
この記事へのトラックバック


最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。