スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人工生命が生まれました 19日目 うpしました

2009年09月17日 06:11

うpしました。




いろいろつぶれてしまってよく見えませんが、まあご愛嬌。
つ、つかれた・・・。



スクリーンショット(2009-09-17 5.04.31)

動画の中で使っているエフェクトは全てkeynoteのものです。
プレゼンを動画として書き出すというすばらしい機能があるので、まずそれで保存。
iMovieに取り込んで、ちょっと手直しをして、BGMをつける、という流れで製作しました。

しかし、ニコ動が受け付けてくれる容量、フォーマットにするまでかなり時間を食ってしまいました。
高画質でうpするのってどうやるんですか・・・。




スクリーンショット(2009-09-17 5.15.40)

一段落付いたので、また改良していきます。

まずは、
・壁の廃止と障害物の導入
・寿命の実装
かな。

壁はもうめんどくさいから、ループさせるか何かして、障害物は言わずもがな。

寿命は、今までだと遺伝的アルゴリズムの選択圧が少し弱いので取り入れようかと。
どういうことかというと、肉食動物で同族から逃げるという行動パターンを持つ個体が生き残ってくれると、そいつは長生きします。
捕食者が繁殖しなければ、草食動物の個体数が減らないので、末永く幸せに暮らせるわけです。
しかし観察者側としては面白くない。
『子孫を残すもののみが祖先たりうるのだ』というセリフ(うろ覚え)が、J.P.ホーガン造物主(ライフメーカー)の掟 (創元SF文庫 (663-7))にあったけれど、そのとおりで、なにもせずに食ってばかりいるんじゃないよ!というわけです。
寿命までに繁殖相手を確保できなければ、血筋が絶えます。


それから、Save/Load機能とかも欲しいですね。
Interface Builderとか使えるのかな?
GUIでできたらなお良し、と。
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://actiasartemisaliena.blog6.fc2.com/tb.php/141-cd01bdd6
    この記事へのトラックバック


    最新記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。