スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人工生命が生まれました 16日目

2009年09月06日 06:04

来る学生フォーミュラに向け、スポンサー様のロゴシールを作る傍ら、シールの余白に「らき☆すた」ロゴを印刷してるのがばれた、ひねくれロボットです。



screenshot_64.jpg

今日もチビたちが元気です。
現在、85000フレーム、生存中。


screenshot_61.jpg

最近、どうやっても肉食動物が絶滅するので、ヤケクソで残りステップ数(要するに満腹度)の上限を1.5倍したら良くなりました。
個体数は1:100くらい?パラメータ表示も実装したいです。


screenshot_58.jpg

絶滅したりとか、一様に広がったり逆に一点に集中されるとつまらないので、補正するのですが・・・

まあ、なんというか、G.A.で進化!とか謳っているけれど、予想の範囲内なんですよね。
本当に面白いのは、予期しないバグとか。


結局、自分の思い通りに動くものは好きじゃないなーと思ったり。
エヴァ然り、ロボカップ然り。
じゃあこれはどうなのか、と考えると、創っているものと動くものが別物だから予想しにくいんじゃないかとか、ランダム性と創発性がかなりあるから、見ていて飽きないのかな、とか。


今のプログラムでは、プログラマが設定したパラメータの中での最適値をとる種が現れると、もう一方は対応できず、絶滅してしまいます。
プログラマの能力を超えることはできない、プログラムの性格上、そうなります。
その条件で、人工生命の視点から、皆が幸福に生きることを考えると、
・おなかが減ったらエサを食べる、満腹ならぶらぶらする
ということになります。
草食動物が、特に逃げることもなくぼーっとしていれば、頑張って獲物を追わない肉食動物でも生き延びられます。
そこに"頑張って獲物を追う"肉食動物が生まれると、ぼーっとしている獲物を食べ尽くして自ら飢餓に陥って、むしろ種の繁栄を妨げることになります。
毒性を失った赤痢みたいで、まるで面白くありません。

瀬名の法則、組み込めないかな(初出はTierraというA.L.らしいです)。
 
スポンサーサイト


コメント

  1. 茂吉 | URL | -

    Re: 人工生命が生まれました 16日目

    おれは逆だな
    自分の思い通りに何かを動かしたいと考える節がある。
    しかし、その「思い」がいったい何なのかよく考えないからよく失敗するんだ。

  2. ひねくれロボット | URL | -

    Re: 人工生命が生まれました 16日目

    設計思想にも現れてるな。
    茂吉は設計フェチだし。

    ところで、倒立紳士は?

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://actiasartemisaliena.blog6.fc2.com/tb.php/127-50debdd9
この記事へのトラックバック


最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。