スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

MAKE Tokyo Meeting 05

2010年05月24日 21:29

MAKEにロボットとアプリを出展してきました。

iPad実機でTweetParakeetを動かしたのは評判よかったです。
iPadといっしょに買う、という方もちらほら。
触って試せたのがプラスなんでしょうね。lite版がないアプリを買って地雷だった場合、泣き寝入りするしかないから手を出しにくいんですね~。


他の出展者の展示も一通り見て回って、特に面白かったのは「羽ばたき飛行機」と「電子楽器ウダー」ですね。
「羽ばたき飛行機」はバッテリーに1g以下の超軽量リチウムポリマーを使っているとかで、かなり長時間飛んでいました。
それから「電子楽器ウダー」は、両手で持って演奏する電子楽器で、私が画期的だと思ったのは音階が円周状に螺旋を描いて並んでいることです。
ピアノなんかだと直線状に並んでるので、低音域から高音域まで左右に移動しながら演奏する必要がありますが、「ウダー」だと円周にそって手を回せば全てのキーに指が届くのです。これはすごい。
「大人の科学」の付録になるかも、ということなので楽しみです。


こういうイベントの常でまた何か作りたくなってきたのですが、まずは今回出展したiPad + ロボットを作り直してちゃんと走る仕様にしないと・・
ガンローラーのストックがあるしハードはそれでいいかな~
スポンサーサイト

アプリを審査に出しました

2010年05月19日 20:21

iPad用のTwitterアプリをAppleの審査に出しました。
tp-top-title-jp.png

主なコード書いてたのは@novi_で私はエンジン部分を担当しました。
VespidSoftwareのアプリ第一号です。

iPad日本発売には間に合うんじゃないかなー。



・・・。
これが完成したということは、MTM05の方に注力できるということです。
m_201005182158504bf28f0aa7bc4.jpeg

あと3日しかありません。
ロボットはできていません。

どうなることやら。

iPadのアプリが作れる、ということ

2010年05月09日 22:05

アプリケーションの開発ができるということは、単に仕事で使えるというだけではなくて、あるタスクをこなすアプリが欲しければ自分で作ってしまうことができます。
そして、Xcode + Objective-Cはそれをしやすい環境だと思います。


例えばこれは、Fallout3というゲームのwikiをオフラインで眺められたらいいなーと思って作ったものです。
中央のVaultWikiがそう。
IMG_0196.png



wikiをまるごと保存して、iPadのプロジェクトリソースに入れたら動いてしまった。
ファイル数が6000くらいあったのでビルドに時間がかかりましたが・・・
IMG_0197.png



なんだか申し訳ないくらいに簡単でした。
IMG_0198.png


Obj-Cを使っているとこういうことがよくあって、タスクを実行するクラス名さえわかれば開発環境付属のデベロッパドキュメントで使い方が分かります。
さらに、メソッドの使い方が分からない/なんかおかしい、ということがあれば、何も考えずにGoogleで検索すると回答が載っているのです。
Objective-Cで使われるメソッドや関数は命名法が特殊で、『UIGraphicsContextGetCurrentContext()』などという名前なので、意図しない結果はヒットしません。

Obj-Cをマスターするというのは、言語そのものを学習するのではなくてプロジェクトの作りかたをマスターするということなのかな、と思います。

ノートを持ち歩かなくなった日

2010年05月09日 05:05

iPadを使い始めてから、その他のデバイスを出先で使う頻度が落ちてきました。
iPadで事足りるからでもあるし、中にはiPadの方が使いやすいというタスクもあります。

私は常にノートを持ち歩いていて、何かアイデアが浮かぶとメモして後でふくらませたりしているのですが、iPadは紙のノートの役割を完全に奪ってしまいました。


iPad用のノートアプリは公式のものから非公式のものまで、有象無象にあるわけですが、私が使っているのは「Adobe Ideas」というもの。
ノートというよりスケッチブックに近い。
IMG_0185.png



このアプリのなにが使いやすいかと言うと、1つ目として、パスの補完を勝手にしてくれるので手書きで読める文字が書ける。
IMG_0188.png

特に、直線を多用する漢字よりひらがなやアルファベットで顕著です。
一文字の大きさを10cmくらいに拡大して書けば、指でもペンと同じくらいの速度でメモを取ることができます。



使いやすいところその2。
レイヤを重ねて描ける。
IMG_0189.png

これはPhotoレイヤとDrawレイヤを重ねた図です。

スケッチブックとして使う人には、模写ができる、ということになりますが、私は主にアプリのUIの設計に使っています。
作りたいアプリケーションのUIを考えるときに、おおまかな位置と大きさだけ決めたものを作って、iPad上でスクリーンショットを撮ってPhotoレイヤに貼付ければ、原寸大でアイデアを形にできます。



Photoレイヤ。
アプリのスクリーンショットです。
IMG_0190.png


Drawレイヤ。
通常はPhotoレイヤを表示したまま、その上にごりごり描いていきます。
IMG_0191.png



使いやすい点その3。
拡大/縮小が思いのまま。
IMG_0192.png

最大サイズまで縮小するとここまで小さくなります。
現実の尺度に直すと小さな机ほどの面積があって、会議や授業のノートを取るにしても、2,3時間程度なら一枚に納まってしまいます。



そしてもちろん、複数のアイデアを管理可能。
IMG_0193.png



作成したアイデアはpdfとしてメールに添付できるなど、至れり尽くせりです。


最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。