スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

MAKE

2009年11月26日 19:12

Make: Tokyo Meeting 04 報告~

MAKEというイベントがある、ということは知っていましたが、参加するのは初めてでした。
雰囲気としては、ニコ技の勉強会を一般向けにした感じ。
やってることはそう変わりませんでした。
楽しんで作っている人の話、面白いです。


まず、ぶらぶら歩いて目についたのがこれ。
CIMG3406.jpg

生物の透明標本です。
販売もしていて、これはワカサギの標本。2000円でした。

魚の他にも、イカやカニ、カエルの標本もあり、大きなものは2万円ほどしていました。
この標本のすごいところは、肉が残っていることです。
骨と軟骨を特殊な染料で染めて、筋肉はタンパク質分解酵素で透明にするとか。
瓶の中にはグリセリン液と、熱膨張のマージンに空気の泡が入っているのですが、泡で標本を触ると動きます!
バラされていないので、小さい生物の微小な骨の、形も配置も保存されているというわけです。



次。3Dプリンター「Cup Cake CNC」

お値段15万円也。や、安い!
スペックとしては100*100*100大きさでABS樹脂を積層できるみたいです。
おもしろいのは、このプリンター自体に、それ自身で造った部品が使われているところ。
ハードウェアのオープンソース化ですねー。これ欲しいなあ。
「不全世界の創造主」っぽい。
回路部品を供給したら無限に増えそうだなぁ。



受動二足歩行もおもしろかった。
展示してあったのはレゴでできたやじろべえで、坂道を歩いて下るというもの。
その原理で、平地で歩けないかというものです。
アクチュエータはタイミングよく爪先を持ち上げるだけで、股関節は受動、勢いで脚を前に振り出せば歩くのではないかと・・
これは気になったのでいつかやってみたい。



それから、MAKEブログの中の人にも会いました。
B.E.A.M. Robotについて知っていて、少しびっくり。
MAKE Japan の次号で特集をやるそうです。

原本にはNo.6に載っていました。右はMAKER'S NOTEBOOK。
小さな方眼で回路図も描ける便利ノートです。

CIMG3411.jpg
お土産。

CIMG3414.jpg
BEAMロボが載ってる部分。
これを見て、また作りたくなって発作的に作ってしまいました。

CIMG3391.jpg
でん。



見てきたブースはまだたくさんあるのですが、長くなるので明日にします~
スポンサーサイト

ロボコン

2009年11月25日 22:37

週末はM&Y家にお邪魔していました。
この家族、一日中漫才してる。面白い・・

Make: Tokyo Meeting 04がいちばんの目的だったのですが、目黒の寄生虫博物館やロボコンの全国大会にも行きました。
毎日イベントがあっていいなあ。



今日は、ロボコンの話です。
普段はラジコンの大会なんて見ないのですが、二足歩行につられて行ってきました。
全国大会だけあって、動かないチームはなかったし、レベルの高いロボットをたくさん見ることができました。
その紹介など。


まずは、呉高専と、元詫間電波高専。
呉高専の7πRadian は、うさぎと亀をモチーフにしていました。
IMG_0583.jpg
うさぎが捧げ持っているのは戦艦大和です。

ひとつの機構に多機能を盛り込んであり、非常にシンプルにまとまっていて故障もしませんでした。
その代わりにジャンプ機構がそもそもないのですが、他のイベントをこなして高得点を得ていました。


詫間は逆に、すべての機能を盛り込んだ複雑なロボットで参戦、故障の原因になるので試合後のアピールをしないなど、思い切り勝ちにきていました。
ロボコンファンには少し評価が悪かったかな。

この2チームがぶつかったのが、まさにというか、決勝戦でした。
先にポールにオブジェを置いたのが呉、詫間はそれを落とさず自分のオブジェを置いて、温存していたジャンプも成功させ、大会唯一の100点を獲得しました。

今回のルールは対戦色が薄かったのですが、この試合はすごかった。会場も沸いていました。



豊田高専、叢雲。技術賞を取っていますが、二足ロボの脚がすごかった。
IMG_0385.jpg

ワイヤフレームだけで中身がないように見えます。
リンクなのかな? カニ歩きもできてる。
空気圧筋肉かと思ったけどモーターらしいし・・・



舞鶴高専の鶴恋慕は個人的なロボコン大賞です。
見てくれはおじゃる丸、そのものズバリな感じ。
IMG_0491.jpg

今回のルールでは、ダンスと言っても適当に動いていればポイントがつきます。
しかし舞鶴は、振り付けもある人間のダンスをしていました。
手首のスナップもあったし、モーター20個だと人間の主要な関節は再現してるのではないでしょうか。

ダンスをテーマに掲げるなら、ダンスしてるチームを大賞に入れてほしかったなあ。


高専カンファレンスin大東京

2009年11月08日 23:47

全国の変態・・・もとい、高専生が東京に集結しました。
詳しい内容はこちらへ→廻天屋-高専カンファレンス2009秋in東京まとめ


楽しんで発表してくれるプレゼンは、見ていて面白いので内容が頭に入ってきます。

中でも、特別講演の「研究者の道のり - 新規人工塩基対の創製」が興味深かった。
人口塩基を生体に挿入することで、地球生命が4本の塩基をもつのは必然かどうかを調べたい、そんな話をされていました。
塩基の条件を満たす化合物を見つける、というだけじゃなくて、複製ミスが起こりにくいかとか、遺伝毒性に対する補間機構がうまく動くかとか、そういうことが対象になると思います。
それ、必然かどうか、を突き止めることで、原始の海で一体何が起こったのか、4種類の核酸が、アミノ酸のように普遍的に存在していて組み合わさったのか、それとも他のプロセスで出来上がったのかを調べよう、というわけです。


Lightning Talkの、「卒業してからロボコンを観る」も良かったです。
1分毎に35枚繰り出される高速のプレゼンと、的確なロボコン裏話、笑いが絶えない会場・・。
ロボコン関係者でなくても楽しめるプレゼンでした。



それから・・・

ついったらの実体と会うなど。
ついった名刺
長野カンファでは、ARで頭の上にtwitterアイコンを浮かべてほしいですね。
実名・顔で人が見分けられないダメ人間です。


それから、そう、次の高専カンファレンス開催地は長野です。
高専カンファレンスin長野

長野高専 ロボカップジュニア2009世界大会出場チーム 基調講演

@hush_inが企画しています。
これにも参加したいです。
できれば発表側で。
テーマは、やるとしたら、SFと工学、かなー?



最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。